China Report

中国の“新家庭”についてのレポート

「新家庭」と呼ばれる若いファミリー層を中心とした中国の消費者トレンドや、先端デジタルサービス及びテクノロジー等について、Onedotの知見を定期的にお届けします。

最新のレポート

《お知らせ》オフィスの移転 co-ba ebisu

この度Onedot株式会社は事業拡大により、スタジオ機能をメインとした上目黒にあるオフィスから、代官山・恵比寿エリアにあるコワーキングスペース「co-ba ebisu」へ移転しました。開放的な空間で皆様と交流できることを楽しみにしております。お近くに来られる際は是非お立ち寄りください。〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西1F[Google Maps]

《お知らせ》中国のデジタル領域に関するオンラインセミナーにCEO鳥巣が登壇

2020年7月14日(月)に開催される、UZABASE主催のオンラインセミナー【中国発 ビジネス開発の最前線-デジタル領域の戦略と実行-】に、代表取締役CEO鳥巣が登壇します。セミナーでは、現在の中国のデジタル領域の現状と日系企業にとってのチャンスとリスクについて解説します。詳細及び申し込みはこちらから

《記事》中国で急速に普及するアプリ内アプリ「ミニプログラム」とは?

中国で、消費者生活と企業活動の両方にとって、切っても切り離せないものにミニプログラムがあります。アプリ内アプリであるミニプログラムは、アプリを新たにダウンロードしなくとも利用できる手軽さなどの理由から急速にユーザーを増やしています。また、ユーザーの集客がしやすいことや、開発コストの低さなどの理由から、ミニプログラムを開発する企業も増えています。1.はじめに

《記事》WeChatで行う顧客管理システム「社群」とは?

中国では近年、簡易的な顧客管理システムとして、WeChatのグループをベースとした「社群」が注目されています。従来のCRMの仕組みと比較すると、安価で且つ手軽に運営できる「社群」は、既存ユーザーに商品を効率的にプロモーションしてリピート率を上げたり、WeChat上の自社ショップに誘導して顧客データの囲い込みを実現することで、TMallやJD.comといった巨大ECプラットフォームへの依存を減少させることができます。また、ユーザーから製品に関するフィードバックを直接得られることで商品開発に役立てたり、定期的なブランドとユーザーの交流やユーザー同士の交流により、ブランドへのエンゲージメントを高める

《プレスリリース》中国で育児メディア「Babily」を運営するOnedotが総額10.5億円の資金調達

「Babily」の事業知見を活かし、日系企業の中国事業やマーケティングでの協業も拡大中国にて育児メディア「Babily(ベイビリー、中国名”贝贝粒”)」を展開する(※1)Onedot株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鳥巣知得)は、経営陣および東京大学協創プラットフォーム開発株式会社、日本生命保険相互会社、住友商事株式会社、みずほキャピタル株式会社などを引受先として総額10.5億円の第三者割当増資を実施することを合意しましたので、お知らせ致します。

《記事》中国人ママ100名、越境EC意識・行動調査。渡航制限以降、約6割が越境ECでの日本商品購入増

中国越境EC進出支援、Onedotが無料コンサルティング開始中国最大級の育児動画メディアBabily(ベイビリー、中国名:贝贝粒)を運営するOnedot株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:鳥巣知得)は、4月28日から5月7日の期間、中国・上海のママ100名を対象に越境ECに関する調査を行いました。(調査方法:インターネットによるアンケート調査)調査概要■調査期間  :2020年4月28日〜5月7日■調査テーマ :越境ECに関する意識・行動調査■調査対象者 :上海の0〜3歳の子供を持つ既婚女性100名■調査形式  :インターネットによる調査

《お知らせ》越境ECオンラインセミナーにCEO鳥巣が登壇

2020年5月8日(金)に開催される、株式会社エフ・コード主催のオンラインセミナー【「ピンチをチャンスに変える」インバウンド観光客減少を、越境ECでリカバリー】に、代表取締役CEO鳥巣が登壇します。セミナーでは、中国向け越境ECの実態を話します。 詳細はこちら。

《記事》これからの消費の中心、中国の「新家庭」とは

はじめに 中国では、この20年での急速な経済成長による社会変化や、電子決済やECといったテクノロジーの影響によって、消費者の行動にも大きな変化が発生しています。その中でも、夫婦関係や子育て、介護といった文脈で、新しい考え方や消費習慣を持つファミリー層を、Onedotでは「新家庭」と呼んでいます。「新家庭」が消費するサービスや商品は、日本企業にとって関わりが深いものが多いため、彼らの最新の動向を理解することは様々な業種や業界にとって重要であり、Onedotでは「新家庭」についての洞察を日々蓄積しています。

《記事》市場規模1兆円!中国の有料知識コンテンツ市場(“知识付费“)とは?

はじめに 中国では、個人がお金を支払って実用的な知識を学ぶためのコンテンツを購入する、「有料知識コンテンツ("知识付费")」市場が拡大しています。市場規模は2021年に1兆円を超えると言われており、比較的裕福で学歴の高い消費者が購入者の中心です。コンテンツ事業者のみならず、メーカーやサービス事業者にとっても投資リスクを抑え、濃いユーザーを獲得するための有力なプロモーション手段として注目を浴びています。

READ MORE